EZPROS, EZPROSP, EZPROL の完全削除方法

以下の手順を全て実行してください。

1. デバイスマネージャからの削除

  1. スゴイケーブルを接続した状態で実行します。(接続しないと以下の手順で表示されません)
  2. 他のUSB記憶装置(USBメモリや、ハードディスクなど)を取り外します。
  3. 説明書の後半にあるデバイスマネージャでの確認方法のとおりに表示させます。
  4. 矢印の付いている項目を右クリックして、「デバイスのアンインストール」または「削除」をクリックして削除します。
  5. 矢印の付いているもの全ておこなってください。
  6. 完了したらスゴイケーブルを外してください。

2. フォルダの削除

  1. WindowsのTempフォルダを探します。(スタートメニューの検索窓で %Temp% と入力して検索することもできます。)
  2. Tempフォルダを開き、SUGOICABLE2 フォルダを見つけます。
  3. 右クリックしてフォルダごと削除します。

3. レジストリからの削除(知識のない方は実行しないでください)

  1. レジストリエディタを開きます。
  2. HKEY_CURRENT_USER\Software\System TALKS Inc.\SUGOI EasyCopy を削除します。

 

 

 

 

ネットワークモード(PCを介してのインターネット接続が出来ない場合)

 

ネットワークモードに正常に切り替わっているのに、PCを介してのインターネット接続が出来 ない場合は以下の手順をお試し下さい。

1.両PCのタスクバー内にスゴイケーブル【ネットワーク接続アイコン】があるか確認。

2.両PCのネットワーク共有センターを開く
EZP6

3.両PCのネットワーク共有センターフォルダー内に【OUSB Virtual Network Adpter】が追加されているか確認。

4.インターネット接続がある方のPCのローカルエリア接続(インターネットに接続されているネットワーク)のプロパティを開く。
EZP7

5.プロパティ内の共有タブをクリック、ネットワーク接続の共有の「ネットワークの他のユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可する」のチェックを外す。
EZP8
6.インターネット接続がある方のPCのタスクバー【ネットワーク接続アイコン】を右クリック。「接続インターネット共有サーバーを接続します」をクリック。
EZP3

7.ネットワーク接続メッセージ「ネットワークの他のユーザーに、このパソコンのインターネットを通しての接続を許可しますか?」のメッセージが出るので「はい」をクリック。
EZP4

8.ネットワーク接続のメッセージが表示されるので、「OK」クリック。
EZP5

※スゴイケーブルを再接続する必要はございません。
完了。

上記作業完了後、インターネットに接続されていないPCがインターネットに接続する事が出来るか、ご確認ください。

 

 

Windows Liveメールの移行方法

Windows Liveメールの移行方法

Windows Liveメールを別のパソコンに移行する方法を、Windows7からWindows8.1の場合を例にとってご説明します。

① 7パソコンでWindows Liveメールをエクスポートします

  1. この手順書では、デスクトップに「LiveMail」フォルダを作成します。
  2. メニューから「電子メールのエクスポート」-「電子メールメッセージ」を選びます。
    export-1

  3. 「Microsoft Windows Liveメール」を選択して[次へ]をクリックします。
    export-2

  4. バックアップデータの保存先を選びます。この手順書では「デスクトップ」で説明します。
    export-3

  5. あらかじめ作成した「LiveMail」フォルダを選びます。(フォルダを作っていなかった場合は「新しいフォルダーの作成」をクリックして作成します。名前は必ずしもLiveMailではなくても構いません。)
    export-4

  6. [次へ]をクリックします。
    export-5

  7. この例では「すべてのフォルダー」を選んで[次へ]をクリックします。
    export-6
    バックアップが始まります。メールの量が多いと時間がかかります。
    export-7

  8. 以上で完了です。
    export-8

② 7パソコンでWindows Liveメールのアカウントをエクスポートします

  1. メニューから「オプション」-「電子メールアカウント」を選びます。
    ac-ex-1

  2. 移行するアカウントを選択し、「エクスポート」ボタンをクリックします。
    ac-ex-1.5

  3. あらかじめ作成した「LiveMail」フォルダに設定し、ファイル名はそのままで[保存]ボタンをクリックします。
    ac-ex-2

③ 7パソコンでWindows Liveメールのアドレス帳をエクスポートします

  1. アドレス帳を選択し、「ホーム」タブの「エクスポート」をクリックします。表示される一覧から「カンマ区切り(.CSV)」をクリックします。
    adr-ex-1

  2. 「参照」をクリックして、あらかじめ作成した「LiveMail」フォルダに設定し、ファイル名はそのまま、またはaddressなどと入力して[保存]ボタンをクリックします。
    adr-ex-2
    adr-ex-3

  3. 「エクスポートするフィールドを選択してください」と表示されますので、エクスポートする項目をクリックし、チェックを付け[完了]ボタンをクリックします。
    adr-ex-4

④ スゴイケーブルで8パソコンにコピーします

 スゴイケーブルを使用して、先ほどバックアップしたフォルダ(例では LiveMail)を新しいパソコンのデスクトップにコピーします。

⑤  8パソコンにWindows Liveメールをインストールします

  1.  次のホームページを表示し、「今すぐダウンロード」をクリックしてWindows Essentials をダウンロードします。
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials
  2. 「実行または保存しますか?」と表示されますので、「実行」ボタンをクリックします。

  3.  「ユーザーアカウント制御」が表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

  4.  次の画面が表示された場合は、画面に従ってインストールします。
    表示されなければ次の項に進んでください。
    live1

  5. しばらくすると「インストールするプログラムの選択」と表示されますので、「インストールする製品の選択」をクリックします。
    live2

  6. 次の画面で「メール」だけにチェックを付けます。(不要なものをクリックするとチェックが外れます)
    「インストール」ボタンをクリックします。
    live3

  7. インストールが完了すると、「完了しました」と表示されますので、「閉じる」ボタンをクリックします。

 

⑥ 8パソコンにWindows Liveメールのアカウントをインポートします

  1.  Windows Live メールを起動します。
    ※ 「電子メールアカウント情報を以下に入力してください。」と表示された場合は[×]ボタンで閉じてください。
  2. 「ファイル」をクリックし、メニューの「オプション」から「電子メールアカウント」をクリックします。
    8ac-1

  3. 「インポート」ボタンをクリックします。

  4. デスクトップの「LiveMail」フォルダの中のアカウントを保存したファイル名を指定して「開く」をクリックします。

  5. 「アカウント」のウインドウに戻りますので、アカウントが追加されたことを確認して、[閉じる]をクリックします。

⑦ 8パソコンにWindows Liveメールのアドレス帳をインポートします

  1.  アドレス帳を選択し、「ホーム」タブの「インポート」をクリックします。表示される一覧から「カンマ区切り(.CSV)」をクリックします。
    8ad-1

  2. 「参照」ボタンをクリックしデスクトップの「LiveMail」フォルダの中の「address.csv」をダブルクリックします。
    「次へ」ボタンをクリックします。

  3. 「インポートするフィールドの割り当て」と表示されますので、インポートする項目をクリックし、チェックを付け[完了]ボタンをクリックします。

⑧ 8パソコンでWindows Liveメールをインポートします

  1.  「ファイル」タブクリックし、メニューの「メッセージのインポート」をクリックします。
    8ml-1

  2. 移行元の電子メールとして「Windows Live メール」を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
    8ml-2

  3. 「参照」ボタンをクリックして、デスクトップの「LiveMail」を指定します。
    8ml-3

  4. 「フォルダーの選択」と表示されるので、「すべてのフォルダー」を選択して、[次へ]をクリックします。

  5. 「インポートの完了」が表示されます。[完了]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。
    ※インポートされたメッセージは「保存フォルダー」の中にあります。
    8ml-4

動作しない。デバイスマネージャで!がついている

デバイスマネージャに!がついていることは、一般的には機器に問題があるとされていますが、Windows側の処理の問題で登録に失敗している場合も見受けられます。

スゴイケーブルにおいては、片側のパソコンだけに!がついている場合は機器の故障ではありません。
ここではこの解消方法についてご案内します。

方法①  これは廃止しました。方法②からおこなってください。

 

方法②

  1. インターネットに接続して、下記ページにアクセスします。
    インターネットエクスプローラーで表示させる必要があります。
    http://support.microsoft.com/mats/cd_dvd_drive_problems/ja

  2. 画面の指示にしたがい「今すぐ実行」をクリックし、以後画面の指示にしたがってください。

  3. しばらく待って、!がなくなったら認識され使用できているはずです。

方法③

  1. インテル チップセット・ソフトウェア・インストール・ユーティリティー  を再インストールします。以下のリンクをクリックし、同意してからダウンロードしてください。
    https://downloadcenter.intel.com/confirm.aspx?httpDown=http://downloadmirror.intel.com/20775/eng/SetupChipset.exe&lang=jpn&Dwnldid=20775&ProductID=816&keyword=INF

    リンクがうまく開かなければ、「インテル チップセット・ソフトウェア・インストール・ユーティリティー」でインターネット検索してください。
  2. 画面の指示にしたがって、ファイルをダウンロードしてください。
  3. ダウンロードしたファイルを実行して、画面の指示にしたがってください。
    !がなくなったら認識され使用できているはずです。

方法④

  1. スゴイケーブルをそのまま接続した状態で、
    ! マークが付いている項目を右クリックして[削除] をクリックします。

  2. 次の確認画面でOKします。

  3. スゴイケーブルを取り外します。

  4. 10秒待ってから、もう一度スゴイケーブルを取り付けます。
    しばらく待って(パソコンによっては1分かかる場合も)、!がなくなったら認識され使用できているはずです。

Outlook Express のデータをLive!メールに移行する方法

スゴイケーブル・イージー・プロ(SGC-20EZPROS / PROSP / PROL)を使用して、
Windows XPのOutlook Express のメールデータを、Windows 7、8のLive!メールに移行する方法

手順をマニュアル化しましたのでこちらご覧ください。
XPのOutlook Express のデータを7、8のLive!メールに移行する方法

「筆まめ」「筆ぐるめ」の住所録データを移行する方法 (イージー・プロ用)

「筆まめ」の場合
※「筆まめ」は新しいパソコンにあらかじめインストールしておいてください。

  • 「筆まめ」の住所録データを移行する方法
  1. SUGOI EasyMoverを使って一括転送すると、新しいパソコンのドキュメントフォルダーに「筆まめ」フォルダーがコピーされています。
  2. 新しいパソコンで筆まめを起動します。
    オープニングメニューより「宛名面を作る」タブから「保存した住所録を開く」をクリックします。
  3. 「ファイルの場所」が「筆まめ」になっていることを確認します。次にコピーされた住所録をクリックし、「開く」ボタンをクリックします。
  4. 以上で完了です。

 

「筆ぐるめ」の場合
※「筆ぐるめ」は新しいパソコンにあらかじめインストールしておいてください。

  • 「筆ぐるめ」の住所録データを移行する方法(SUGOI EasyMoverを使って一括転送する前の場合)
  1. 筆グルメのデータ移行情報ページを開きます。
    http://www.fudegurume.jp/fgw/question/faq/qa_99_1010103.html
  2. 古いパソコンで「住所録をバックアップする方法」の手順を進めますが、
    手順1.の「USBメモリを...」は不要です。
    手順2.から実行して、⑥の保存場所ではリムーバブルディスクではなく、デスクトップを選んで、ファイル名は「筆グルメ住所録」などのわかりやすい名前にしてから保存します。
  3. 新しいパソコンでSUGOI EasyMoverを使って一括転送すると、新しいパソコンのデスクトップに2.で保存したファイルがコピーされています。
  4. 「バックアップから戻す方法」の手順を進めますが、
    手順1.の「USBメモリを...」は不要です。
    手順2.から実行して、⑤の保存したファイルの場所はリムーバブルディスクではなく、デスクトップを選び、ファイルを選択して「開く」をクリックします。
  5. その他は筆グルメの手順にしたがって作業してください。
  • 「筆ぐるめ」の住所録データを移行する方法(すでに一括転送した後の場合)
  1. 筆グルメのデータ移行情報ページを開きます。
    http://www.fudegurume.jp/fgw/question/faq/qa_99_1010103.html
  2. 古いパソコンで「住所録をバックアップする方法」の手順を進めますが、
    手順1.の「USBメモリを...」は不要です。
    手順2.から実行して、⑥の保存場所ではリムーバブルディスクではなく、デスクトップを選んで、ファイル名は「筆グルメ住所録」などのわかりやすい名前にしてから保存します。
  3. SUGOI EasyCopy(ファイルコピー画面)を立ち上げ、古いパソコンで操作している場合は、ローカルホスト側のデスクトップにある2.で保存したファイルを、リモートホスト側のデスクトップにコピーします。
  4. 「バックアップから戻す方法」の手順を進めますが、
    手順1.の「USBメモリを...」は不要です。
    手順2.から実行して、⑤の保存したファイルの場所はリムーバブルディスクではなく、デスクトップを選び、ファイルを選択して「開く」をクリックします。
  5. その他は筆グルメの手順にしたがって作業してください。

 

 

リモートホストが表示されない

  • <原因> 両方のパソコンでSUGOI EasyCopyが起動されていない。

    両方のパソコン画面を見て、それぞれでSUGOI EasyCopyの画面が立ち上がっているかを確認してください。 (マニュアル P9 下部の図)
    • Windows 7、8、Vistaなどでは、手動で実行する場合があり、また起動時に実行確認を要求してきています。毎回必ず承認をしてください。 (マニュアル P9 中央の図)

      手動で実行するには、マイコンピュータ(コンピュータ)の中にある「SUGOI  EASYCOPY」の名前のCDドライブを開いて、表示されたウインドウ内の「SUGOI-EasyCopy」をダブルクリックし実行します。
      (参考:http://www.sugoi-c.com/prosp002/

  • <原因> 正しく実行しているが、SUGOI EasyCopyが起動されない。
    パソコンに正しく認識されていない可能性があります。
    • USBハブではなく、パソコン本体のUSBポートに接続してみてください。
      これで動作する場合は、ハブやUSB2.0インターフェイスカードのドライバの問題です。

    • 両方のパソコンを再起動してみてください。

    • デバイスマネージャの画面で、認識状態を確認してください。
      マニュアル P27 中央のやや下の図で、矢印をした箇所が図のようになっていれば正常、もしも!マークが付いていれば認識失敗です。
      !が付いたときの対処方法
      その部分を右クリックして「削除」を選び、削除されたのを確認してから、スゴイケーブルをパソコンから取り外します。
      10秒ほど待ってから、スゴイケーブルを再度接続して、デバイスマネージャに正しく認識されることを確認してください。
      ダメな場合は、次項のケーブルの差し替えに進んでください。


  • <原因> 付属USBケーブルまたはスゴイケーブルに異常がある
    スゴイケーブルの両側をパソコンから外して、左右を入れ替えてみてください。
    これによってSUGOI EasyCopyが正常起動していたパソコンが起動しなくなり、逆に起動しなかったパソコンでSUGOI EasyCopyが起動した場合、USBケーブルまたはスゴイケーブルに異常があると考えられます。
    USBケーブル側が常に起動しないのであればUSBケーブルの異常、逆であればスゴイケーブルの異常です。念のため他のUSBケーブルをお持ちであれば交換してみてください。
    万が一異常があった場合は、当社のサポートにご連絡ください。お取替えいたします。

    異常がない場合はWindowsの登録などに問題があることが考えられます。
    以下の情報を確認してください。
    動作しない。デバイスマネージャで!がついている

ネットワークモードが動作しない

※SGC-20EZPROLにはネットワークモード機能はありません

ネットワークモードに切り替えを正常におこなえているのに、ネットワークアダプタに「OUSB Virtual Network Adapter」が表示されていない場合は、デバイスマネージャを確認ください。
デバイスマネージャで、「その他」に「SUGOI CABLE」に黄色いマークがつくなどの異常があります。

この場合以下の手順でドライバの再インストールを試みてください。

  1. ドライバーをダウンロードします。 ここをクリック

  2. ダウンロードした "sgc-20ezprosp_networkmode.zip" を任意の場所またはUSBメモリに解凍してください。

  3. ネットワークモードに切り替えた状態にしてください。
    (マイコンピュータにSUGOI EASY COPYのCDドライブがなく、画面右下の通知アイコンにネットワークモードのアイコンが表示されている状態。)

  4. 解凍してできたファイルのうち、usbnic.inf を右クリックして「インストール」をクリックして実行してください。

  5. 完了したら、スゴイケーブルを取り外し、10秒ほど待ってから”同じUSBポートに”接続してください。

 

ネットワークモードからSUGOI EasyCopyに切り替えができない

タスクバー右下にネットワークモードのアイコンが表示されず、ネットワークモードからSUGOI EASY COPYモードに切り替えができなくなってしまった場合、下記の通り作業を行ってください。

  1. nicinst.exeを実行し、ネットワークモードの再設定を行います。
    nicinst.exeは下記フォルダに保存されています。
     Windows XP/2000の場合:
      C:\Program Files\System TALKS Inc\SUGOI EasyCopy\<数字>\nicinst.exe
     Windows 7/Vistaの場合:
      C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\System TALKS Inc\SUGOI EasyCopy\<数字>\ nicinst.exe
  2. ネットワークモードが再設定されタスクバー右下に下図のネットワークモードアイコンが表示されるようになります。
  3. ネットワークモードアイコンを右クリックし、「SUGOI-EasyCopyに切り替えます。(S)...」をクリックしてSUGOI EasyCopyに切り替えます。