SUGOI CABLE Z 常駐プログラム削除ツール

スゴイケーブルZを使用するための常駐プログラムを削除して、設定情報も削除するプログラムです。
スゴイケーブルZを今後使用しない場合にご使用ください。

ダウンロードして、スゴイケーブルZを取り外してから、削除したいパソコンで実行してください。

SUGOI CABLE Z 常駐プログラム削除ツールのダウンロード

※本プログラムを使用されて発生したいかなるトラブルや損害については一切補償いたしかねます。

Windows Liveメールの移行方法

Windows Liveメールの移行方法

Windows Liveメールを別のパソコンに移行する方法を、Windows7からWindows8.1の場合を例にとってご説明します。

① 7パソコンでWindows Liveメールをエクスポートします

  1. この手順書では、デスクトップに「LiveMail」フォルダを作成します。
  2. メニューから「電子メールのエクスポート」-「電子メールメッセージ」を選びます。
    export-1

  3. 「Microsoft Windows Liveメール」を選択して[次へ]をクリックします。
    export-2

  4. バックアップデータの保存先を選びます。この手順書では「デスクトップ」で説明します。
    export-3

  5. あらかじめ作成した「LiveMail」フォルダを選びます。(フォルダを作っていなかった場合は「新しいフォルダーの作成」をクリックして作成します。名前は必ずしもLiveMailではなくても構いません。)
    export-4

  6. [次へ]をクリックします。
    export-5

  7. この例では「すべてのフォルダー」を選んで[次へ]をクリックします。
    export-6
    バックアップが始まります。メールの量が多いと時間がかかります。
    export-7

  8. 以上で完了です。
    export-8

② 7パソコンでWindows Liveメールのアカウントをエクスポートします

  1. メニューから「オプション」-「電子メールアカウント」を選びます。
    ac-ex-1

  2. 移行するアカウントを選択し、「エクスポート」ボタンをクリックします。
    ac-ex-1.5

  3. あらかじめ作成した「LiveMail」フォルダに設定し、ファイル名はそのままで[保存]ボタンをクリックします。
    ac-ex-2

③ 7パソコンでWindows Liveメールのアドレス帳をエクスポートします

  1. アドレス帳を選択し、「ホーム」タブの「エクスポート」をクリックします。表示される一覧から「カンマ区切り(.CSV)」をクリックします。
    adr-ex-1

  2. 「参照」をクリックして、あらかじめ作成した「LiveMail」フォルダに設定し、ファイル名はそのまま、またはaddressなどと入力して[保存]ボタンをクリックします。
    adr-ex-2
    adr-ex-3

  3. 「エクスポートするフィールドを選択してください」と表示されますので、エクスポートする項目をクリックし、チェックを付け[完了]ボタンをクリックします。
    adr-ex-4

④ スゴイケーブルで8パソコンにコピーします

 スゴイケーブルを使用して、先ほどバックアップしたフォルダ(例では LiveMail)を新しいパソコンのデスクトップにコピーします。

⑤  8パソコンにWindows Liveメールをインストールします

  1.  次のホームページを表示し、「今すぐダウンロード」をクリックしてWindows Essentials をダウンロードします。
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-live/essentials
  2. 「実行または保存しますか?」と表示されますので、「実行」ボタンをクリックします。

  3.  「ユーザーアカウント制御」が表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

  4.  次の画面が表示された場合は、画面に従ってインストールします。
    表示されなければ次の項に進んでください。
    live1

  5. しばらくすると「インストールするプログラムの選択」と表示されますので、「インストールする製品の選択」をクリックします。
    live2

  6. 次の画面で「メール」だけにチェックを付けます。(不要なものをクリックするとチェックが外れます)
    「インストール」ボタンをクリックします。
    live3

  7. インストールが完了すると、「完了しました」と表示されますので、「閉じる」ボタンをクリックします。

 

⑥ 8パソコンにWindows Liveメールのアカウントをインポートします

  1.  Windows Live メールを起動します。
    ※ 「電子メールアカウント情報を以下に入力してください。」と表示された場合は[×]ボタンで閉じてください。
  2. 「ファイル」をクリックし、メニューの「オプション」から「電子メールアカウント」をクリックします。
    8ac-1
  3. 「インポート」ボタンをクリックします。
  4. デスクトップの「LiveMail」フォルダの中のアカウントを保存したファイル名を指定して「開く」をクリックします。
  5. 「アカウント」のウインドウに戻りますので、アカウントが追加されたことを確認して、[閉じる]をクリックします。

⑦ 8パソコンにWindows Liveメールのアドレス帳をインポートします

  1.  アドレス帳を選択し、「ホーム」タブの「インポート」をクリックします。表示される一覧から「カンマ区切り(.CSV)」をクリックします。
    8ad-1
  2. 「参照」ボタンをクリックしデスクトップの「LiveMail」フォルダの中の「address.csv」をダブルクリックします。
    「次へ」ボタンをクリックします。
  3. 「インポートするフィールドの割り当て」と表示されますので、インポートする項目をクリックし、チェックを付け[完了]ボタンをクリックします。

⑧ 8パソコンでWindows Liveメールをインポートします

  1.  「ファイル」タブクリックし、メニューの「メッセージのインポート」をクリックします。
    8ml-1

  2. 移行元の電子メールとして「Windows Live メール」を選択して、[次へ]ボタンをクリックします。
    8ml-2
  3. 「参照」ボタンをクリックして、デスクトップの「LiveMail」を指定します。
    8ml-3
  4. 「フォルダーの選択」と表示されるので、「すべてのフォルダー」を選択して、[次へ]をクリックします。
  5. 「インポートの完了」が表示されます。[完了]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。
    ※インポートされたメッセージは「保存フォルダー」の中にあります。
    8ml-4

動作しない。デバイスマネージャで!がついている

デバイスマネージャに!がついていることは、一般的には機器に問題があるとされていますが、Windows側の処理の問題で登録に失敗している場合も見受けられます。

スゴイケーブルにおいては、片側のパソコンだけに!がついている場合は機器の故障ではありません。
ここではこの解消方法についてご案内します。

方法①  これは廃止しました。方法②からおこなってください。

 

方法②

  1. インターネットに接続して、下記ページにアクセスします。
    インターネットエクスプローラーで表示させる必要があります。
    http://support.microsoft.com/mats/cd_dvd_drive_problems/ja

  2. 画面の指示にしたがい「今すぐ実行」をクリックし、以後画面の指示にしたがってください。

  3. しばらく待って、!がなくなったら認識され使用できているはずです。

方法③

  1. インテル チップセット・ソフトウェア・インストール・ユーティリティー  を再インストールします。以下のリンクをクリックし、同意してからダウンロードしてください。
    https://downloadcenter.intel.com/confirm.aspx?httpDown=http://downloadmirror.intel.com/20775/eng/SetupChipset.exe&lang=jpn&Dwnldid=20775&ProductID=816&keyword=INF

    リンクがうまく開かなければ、「インテル チップセット・ソフトウェア・インストール・ユーティリティー」でインターネット検索してください。

  2. 画面の指示にしたがって、ファイルをダウンロードしてください。
  3. ダウンロードしたファイルを実行して、画面の指示にしたがってください。
    !がなくなったら認識され使用できているはずです。

方法④

  1. スゴイケーブルをそのまま接続した状態で、
    ! マークが付いている項目を右クリックして[削除] をクリックします。

  2. 次の確認画面でOKします。

  3. スゴイケーブルを取り外します。

  4. 10秒待ってから、もう一度スゴイケーブルを取り付けます。
    しばらく待って(パソコンによっては1分かかる場合も)、!がなくなったら認識され使用できているはずです。

デバイスマネージャでの認識確認 (Z用)

デバイスマネージャの開き方

Windows 8 スタート – デスクトップ – 右側チャーム – 設定 – PC情報 – デバイスマネージャ
Windows 7 スタート – コントロールパネル – システムとセキュリティ – システム – デバイスマネージャ
Windows Vista スタート – コントロールパネル – システムとメンテナンス – デバイスマネージャ
Windows XP スタート – コントロールパネル – パフォーマンスとメンテナンス – システム – ハードウェア –
デバイスマネージャ
Windows 2000 スタート – コントロールパネル – システム – ハードウェア – デバイスマネージャ

 

 正常時のデバイスマネージャの表示内容

 Windowsのバージョンにより若干画面表示は異なりますが、追加される内容は同一です。
以下のものが図のように表示されていれば正しく認識しています。
!マークが付いていれば、認識が正しくされていないので、動作はしません。(対策はこの後に記載します)
スゴイケーブルZ デバイスマネージャ

 

! マークが付いているとき

動作しない。デバイスマネージャに!がついている」をご覧ください。

 

 

 

 

 

「筆まめ」「筆ぐるめ」の住所録データを移行する方法 (Z用)

「筆まめ」の場合
※「筆まめ」は新しいパソコンにあらかじめインストールしておいてください。

  • 「筆まめ」の住所録データを移行する方法
  1. スゴイケーブルZを接続してファイルのコピーができる状態にします。
  2. 古いパソコンの「マイドキュメント」または「ドキュメント」の中にある「筆まめ」フォルダを開きます。
  3. その中にある住所録ファイル(拡張子 .fwa)を新しいパソコンのドキュメントの中の「筆まめ」フォルダにコピーします。
    ファイル名が同じ場合、別のファイル名に変更してからコピーします。
  4. 新しいパソコンで筆まめを起動します。
    オープニングメニューより「宛名面を作る」タブから「保存した住所録を開く」をクリックします。
  5. 「ファイルの場所」が「筆まめ」になっていることを確認します。次にコピーした住所録をクリックし、「開く」ボタンをクリックします。
  6. 以上で完了です。

 

「筆ぐるめ」の場合
※「筆ぐるめ」は新しいパソコンにあらかじめインストールしておいてください。

  • 「筆ぐるめ」の住所録データを移行する方法
  1. 筆グルメのデータ移行情報ページを開きます。
    http://www.fudegurume.jp/fgw/question/faq/qa_99_1010103.html
  2. 「住所録をバックアップする方法」の手順を進めますが、
    手順1.の「USBメモリを…」は不要です。
    手順2.から実行して、⑥の保存場所ではリムーバブルディスクではなく、デスクトップを選んで、ファイル名は「筆グルメ住所録」などのわかりやすい名前にしてから保存します。
  3. スゴイケーブルZを接続してファイルのコピーができる状態にして、古いパソコンのデスクトップにある2.で保存したファイルを、新しいパソコンのデスクトップにコピーします。
  4. 「バックアップから戻す方法」の手順を進めますが、
    手順1.の「USBメモリを…」は不要です。
    手順2.から実行して、⑤の保存したファイルの場所はリムーバブルディスクではなく、デスクトップを選び、ファイルを選択して「開く」をクリックします。
  5. その他は筆グルメの手順にしたがって作業してください。

 

 

接続してもコピー画面が表示されない。/ 警告画面みたいなものが表示される。

Windows Vista、7、8では、ケーブルが接続されてケーブル内のプログラムが起動しようとすると、許可を求める画面を表示します。 これはWindowsの仕様で不具合ではありません。
製品の説明書のページ8をご覧ください。

Windows 8, 7, Vista, 2008 の場合: 自動再生ウィンドウが表示されますので、「SUGOI-EasyCopy.exeの実行」をクリックします。その後ソフトウェア起動中にユーザーアカウント制御ウィンドウが表示されますので「許可」、または「はい」をクリックします。 クリックで拡大